食品で肩こり解消

肩こり解消のためには、血行を良くし、血をサラサラにし、疲労物質を作らない・溜めこまないようにする食品を摂るようにします。
そのためには、以下の食品を重点的に摂ると良いでしょう。

・ビタミンB1
ビタミンB1を含む食品には、かつお、くるみなどのナッツ類、パイナップル、ラム肉、のり、グリンピース、ごま、小豆、レバー、
枝豆、豚肉、緑茶、ぶり、いくら、大豆、小麦、ひじき、玄米、などたくさんあります。
好き嫌いがあったとしても、どれかの食品でうまく摂れる栄養素だと思います。

これが不足すると、糖分の分解がうまくいかず、疲労物質である乳酸を作り出してしまいます。
ビタミンB1と結合し、吸収を助けるニンニクは、優れた疲労回復剤になり、血流も良くします。

・ビタミンE
この栄養素もまた肩こりに効きます。
毛細血管を拡張し、血行を良くすることなどで眼精疲労の予防・改善に効果があり、肩こりの改善に効果があると言われています。
たらこ、いくら、パセリ、しそ、ローズヒップ、アーモンド、アボカド、かぼちゃ、豆乳、大根の葉、ウナギなどに含まれています。
これも好き嫌いがあったとしても、どれかでは摂れる栄養素だと思います。

・大豆
漢方薬にある葛根湯と同様、ダイゼインというものを含む食品が大豆です。
筋肉のけいれんや硬直を緩和する作用があります。
大豆を食べることで、硬直した筋肉をリラックスさせることが出来ます。
また大豆に含まれているサポニンが血流を良くし、うっ血を取り除くのに効果的です。

・カルシウム
血液中のカルシウムが30%以上減ると、筋肉が硬直し、痛みを感じるそうです。
更年期を迎えた人の肩こり、五十肩などはカルシウム不足が原因となっていることが多いです。

・ショウガ
体を温める、血行促進、冷え症、発汗、解熱、鎮痛、新陳代謝を活発にする効果があります。
ですので、肩こりや腰痛の解消にもなります。

・お酢
疲労物質の乳酸が溜まることで起こる肩こりには、お酢がお勧めです。