病気で生じる肩こり

肩こりは、単純にほぐしたりストレッチをしたり生活習慣の中で解消出来るものがほとんどです。
ですが、中には病気から生じる肩こりがあります。

この場合の肩こり解消法は、病院での治療しかありません。

肩こりと関連する病気をいくつか挙げます。

・変形性頸椎症
加齢や激しいスポーツなどの影響で椎骨が変性してしまい、骨にトゲのような突起が出てくることがあります。
これが進行すると、頸部や肩の痛み、腕の痺れなどの症状が現れることがあります。

・頸椎椎間板ヘルニア
加齢や頸椎への負荷がかかると、椎間板が変性してしまうことがあります。
頸椎からの神経が刺激され、首や肩付近の痛み、腕、指への痺れ、手が動かしにくい、力が入らないという症状が現れます。

・四十肩・五十肩
一般的にはこう呼ばれる肩関節周囲炎は、肩関節の組織に炎症が起こり、痛みが強くなり、腕を動かすのに支障が出ます。
肩関節は腕を動かすために必要な複数の筋肉を使っています。

肩こりの場合、これらの筋肉の機能を低下させることが考えられます。
腕を動かすことの出来る範囲が徐々に制限されると、血流も低下し、肩こりも回復しにくくなります。

・むちうち症
自動車での追突事故やスポーツでの接触等により、頸部の筋肉や靭帯、椎間板を痛めてしまうことがあります。
頸椎捻挫とも言われますが、中には脊髄にまで及ぶ重症例もあります。

首の痛みが引いてきた後、吐き気・めまい・頭痛・視力障害が出ることがあり、全身症状に及ぶこともあります。
損傷によって痛みが出ると、筋緊張がさらに強まり後頭部や頸部の張りや頭痛になる恐れがあります。
また、頸椎から神経が出てくる部分が障害されると、腕や手の感覚異常や脱力感が現れることがあります。

・腫瘍
肩こりや首の痛みの中でも、筋肉疲労によるものではないかも…と感じるものがあります。
肩こりが悪化していて、痛みとして感じ、何をしても症状が強いままである、
または、腕や手の痺れやめまい、夜間にも痛みがあるという場合は、脊髄の腫瘍や肺の上部の腫瘍も考えられます。