ツボで肩こり解消

肩こりに効くツボはいくつかあります。
そこを刺激すると肩こり解消に繋がります。

肩の周りはもちろんですが、肩から離れた場所にも肩こりに効くツボがいくつもあります。
指の腹でゆっくり圧を加え、ゆっくり時間をかけて離すのがポイントです。

では、肩こりに効くツボをご紹介します。

・肩井(けんせい)
首の根元中央と肩先を結んだ線の真ん中あたりにあります。
触るとわずかにへこんでいる部分なので、比較的わかりやすいと思います。
肩を掴むようにして、親指でもみ押します。

しかし、この部分は強く圧迫し過ぎると脳貧血を起こす可能性もあるので注意して下さい。

・大椎(だいつい)
首を前に倒した時に飛び出る骨の下のくぼみのところにあります。
骨の上下左右を指圧すると筋肉の緊張を和らげる効果があります。
ここを温めてあげるのも効果的です。

・合谷(ごうこく)
手の甲の、親指と人差し指の指の骨が交差する部分のくぼんだところにあります。
左右、あるいは両方のこのツボが痛くなると体調不良のサインを発する、と言われるツボです。
肩こりだけでなく、さまざまな痛み、だるさ、心身症にも効果があります。
親指と人差し指でつまむように押します。
また、親指側や手首に向けてと押す方向を変えながら、痛みや違和感を覚える場所を探りましょう。

・曲池(きょくち)
ひじが曲がる場所にあります。
キーボードを打つ、重い荷物を持つ、腕の疲れ、大腸に不調がある時の肩こりに有効なツボです。
ひじを曲げた時に出来るしわの外側にあるくぼみがそのツボです。
ひじの関節に向けてもう一方の親指で関節に向けて押しながら探りましょう。

・極泉(きょくせん)
わきの下の中央をこの名前で呼ぶのが一般的です。
実際には、背中側の腕のカーブの頂点のツボを刺激すると効きます。
腕の使い過ぎの痛み、動悸などが原因で起こる肩こり、疲労に有効なツボです。
肩の運動において重要な役割をする筋肉があるところなので、痛みを感じやすいポイントです。
指圧のポイントは、人によってツボの位置が多少違うので、親指の腹などを使って広めの範囲で押してあげるのが良いです。